スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

クエハタの呪い?

クエハタの呪い?

仕事も片付いてしまい、ぽっかり時間が空きました。
前回の夜釣りで“まだ早い”ことは実感。
でも・・・・・
ええ天気やし 波なさそうやし 潮ええし 夜も寒くなさそうやし
いくっきゃないっしょ~(笑)

普段に較べむっちゃ余裕を持って出発。
休養十分。準備万端。時間に余裕。
てことで、明るい内に釣り場に着いてゆっくりビールでも飲んだろ と。(^_=)
自宅を出て少し走ったところで嫁さんからTEL。
ん?
「カッパ忘れてるで。」
おりょ?準備万端やなかったです。(^_^;)
今の時期、昼間は暑くても夜は分かりませんのでのでレイン取りにUターン。
それでも余裕余裕。

海を見ながら南下。
波はありませ・・・、あるやん!(-_-メ)
西風が強く磯は波が立ってます。
予報では風は収まってくると言うことやったけど・・・。
実は出発前かなり場所に迷ってました。
亀ちゃん情報によるところの今シーズン クエ(クエハタ?)が釣れてて、以前コロを爆釣したことがあるという磯が第一候補だったんですが、今日は大潮で満潮が8時、航空写真で見ると道中キツそう。
行ったこと無いので、亀ちゃんにもアドバイスいただき今回はパス。
じゃあ波ないやろし、アソコにしよかな それともアソコ・・・。
と選択肢が沢山あったんですが、これでは竿出せる場所が限られそう。(T_T)
夕方には風収まる予報やったし、西風なんで南へ行けば波ないかも~
と一縷の望み、で南下決行。
ところが予報で判断したよりも風が強いし収まってこないし。(T_T)
いつもの地磯に着くと波が駆け上がってるし。(>_<)
串本の東側じゃ凪ぎやと分かっていても地磯知らへんし、堤防で竿出す気もないしで、やむなくとんぼ返りです。

風は収まる様子なく、帰って出直そうかとも思ったんですが、今回の候補の一つだった磯は風も波の大したことなくやれそう。
一度竿出してみたかった場所やし、こんな機会やからと決定。
それに余裕があった時間がすっかり無くなってるし。(^_^;)
CA3A0034.jpg
初めてなんでポイント分かりません。
釣りやすそうで、ウニやらサルボやらが落ちてるとこに釣り座決定。(^^ゞ

090608_1849~0001
なんとか明るい内にビール飲めました。(^^ゞ
風も収まってきて波も大丈夫そうです。
さっそく釣り開始ですが、ボイルではアタリ分からずエサ取られ中エビでは残ります。
まー明るいうちはしゃーない
勝負は暗くなってから、本命釣れなくてもイサギでもと考えてたんですが、なーんも釣れません。

満潮が過ぎて1時間。
こんな時には、とエサをキビナゴにしたらいきなりアタリ!
しかし、置き竿にしててアブのリールをドラグフリーのクリッカオン状態のままアワセ入れたからバックラッシュ。(>_<)
魚信は伝わってくるのでそのまま巻き上げ~ですが、その引き具合は・・・案の定クロアナゴの80センチ。(>_<)
090608_2033~0001
リールはバックラッシュ状態のままで巻いてしまったんでそのままじゃ使えません。
泣く泣くぐちゃぐちゃの仕掛を切り一から作り直しです。(T_T)

なんとか釣り再開。
置き竿にしてると続け様にアタリ。けどアワしても掛からず。エサはキビナゴのまま。
ミョーやなーと思い、手持ちで待ちアワセ一閃!
ぐわん!
結構な重量感に締め込みです。
これは確実に長物やなくて魚。
てことは、ええもんかも~
足元が滑るので座り込んだままやり取り。
手持ちで怒級がいきなり喰ってきたら海に引きずり込まれるかも~防止で、ドラグを若干緩めて居るので糸が出ていきます。
何とか底を切らないととドラグを締め直す間も強い引き。
こりゃ完全にええ魚やん
抵抗を続ける浮かした魚影はハタ系。
よっしゃ~抜き上げ~
重っ 
重くてよう抜きません。
根性据えりゃ上がらんことないと思いつつ、相手が相手ですんでタモで掬うことに。
しかし、月明かりにうっすら照らされた海面では掬いづらい。
ライトで照らせばいいんですが、まだ釣り始めたばかり、帰るには早いし。。。
何度も失敗、半泣きになりながら何とか掬ったのがコイツです。(^ヘ^)v
CA3A0035.jpg
57センチありました。
CA3A0038.jpg魚影ではクエかと思ったんですが、ライトで照らすと顔やらに小黒点があります。
間違いなくクエハタ(クエ×ヤイトハタの交雑種)です。
ま、予想の範疇ではあったんですがちょっと残念ですが、喰って美味いんやから まっええかあ~。(^^ゞ
クエハタちゃんは、ストリンガーに通して、少し離れた海中にぽちゃん。
ほんとはタイドプールに入れたかったんですが、綺麗な水のがなくてやむなく。
しかし、ロープの長さやらロープが外れないかやらストリンガーから外れないかやらが気になる気になる。(^_^;)

すっかり気をよくしてキビナゴ使用で釣り続行。
アタリ頻繁でウミヘビ。(-_-メ) 
続けてアタリにアワセ一閃!
しかし、またしても置き竿でドラグフリーのクリッカオン状態でアワセでバックラッシュ。
なんと学習能力のないことよ。
今回はしっちゃかめっちゃかで巻くことも出来ません。(-_-;)
魚は付いてるようなので、手で糸を抜きながらやり取りで釣れたのはメンドリ。
メンドリで助かりました。

しばらくしっちゃかめっちゃか状態アブと格闘しては見ましたが、修復不可能。
仕方なくテクニウムにリール交換。
またも一から作り直しです。
随分時間をロスしましたが、なんとか釣り再開。
置き竿でまたもやミョーなアタリ。エサはキビナゴ
掛けたものの磯際走られバラシ。
切れたのこと思いましたが鈎ハズレでした。
気合い入れ直して
手持ちでスタンバイ!
ほどなくしてアタリ。
渾身のアワセ一閃!
ぐわん!
途端、今まだ味わったことのない最高の強引!
ぐわん!ぐわん!
パワースペシャルフカセ6号を曲げて凌ぎます。
でも、さすがにパワースペシャルフカセ6号、これくらいの引きで竿のバットに荷重した状態の方が安定してるとうか安心してのやり取りできてます。
強烈な引きでも、『やばいっ』と感じることなく浮かせれました。
月明かりに照らされた魚影の腹は白く見えます!
コロでもタマミでもGカップ間違いないしや~
心の中で何度もガッツポーズを繰り返しです。(^o^)
もうこれを釣り上げて帰ろう
ライトで照らしてタモで掬おうと・・・。
ライトに照らされた口元が””の字?!
再度確認。口が三角!?
メーター級のサメですた。(>_<)
こんなんタモに入りませんし壊れます。やむなく道糸切って海にお帰り願いました。

で、ここではたと(クエハタだけに)気がつきました。
さっき釣ったクエハタ、ストリンガーで海に浮かべてます。
サメに喰われちゃ大変!と慌てて抜き上げて絞めてクーラーバックへ。(^_^;)

サメとの格闘以降、キビナゴではアタリなくなりました。
鈎に掛からないエサ取りが沢山いてるようで、中エビでは取られず、ボイルじゃアタリあっても掛かりません。
なんとか正体をと掛けたらフグ。
アカマツカサにフグ数匹釣ったので、次もフグだったらもう帰ろうと思ったところにアタリ。
ぐわん!ぎゅいーん!
うーん強烈~
竿が伸されそうな体勢になっても信頼のパワーフカセスペシャルのバット部の反発力で魚の引きを止めて堪えます。
よう引きますが、その暴力的で無節操な引きは・・・・。
浮かした白い魚影はデカいイズスミ。
浮かしたものの元気いっぱいで、なんども潜ろう走ろうとします。
抵抗するヤツを掬おうとしますが、なかなか上手くいきません。
この頃にはすっかり月明かりで周りは明るい。
月明かりが海面照らして反射するもんやから距離感が分からなくて掬えません。
玉網は55センチなんですが、確実にそれよりデカいし。
これが本命魚ならライトオンしてるんですが、今の時期のイズスミじゃお持ち帰りも出来ません。(^_^;)
どんくさいことしてるまに、玉網に仕掛が絡んでしまいました。
そのまま引きずり上げようとして、結局鈎ハズレ。(>_<)
せっかくやから釣り上げて大きさ確認したかったなー
ライト点けりゃよかったなー

と思っても後の祭りです。(^_^;)

朝までやったる!って気もあったんですが、もう十分に引きも堪能しましたし、美味しい土産も釣ったし、気配もないし、で3時前に撤収です。
クーラーバックには獲物に余った予備のオキアミ。
今回、仕掛作り直してる時間が多かったのでオキアミ余っちゃいました。
それらの入ったクーラーバック担いで帰路ですが、登り坂が急でキツいキツい。
ヘロヘロですが、嬉しい重みでもあります。
次回までに玉枠デカイの買わなアカンな~。


意気揚々と、しかしながら睡魔に負けて道中気絶しながら時間を掛けて帰宅。
道具を洗って午前中は爆睡。
午後、ちらっと仕事したらダルい。
やっぱ歳やな~疲れとれんねな~

さて、晩飯の時間が近づいてくると胃がシクシク痛み出しました。
時間の経過とともにむかつきを伴い酷くなってきて食べれません。
結局、飯も食べずに寝てましたが、シクシクがキリキリに。
風呂から上がったら寒気が襲ってきて、体がブルブル震え出す始末で。
こりゃアカン
さっさと寝床に入りましたが、胃が痛くて眠れない。
なんとか眠ってもムカついて目が覚め、一晩中ベッドとトイレの往復。
朝になっても治まらず発熱に体中の関節が痛い。
脚が痛いのは地磯歩いた筋肉痛と思っていましたが、違っていたようです。

時を同じくして、長女も嘔吐・下痢に39度6分の高熱!
彼女もトイレへ通い詰め。(^_^;)
娘は新型インフルエンザが気になるので嫁さんが医者に連れて行きましたが、流行の下痢を伴う風邪とのことで一安心。
しかし、嫁さんにも移ったようで下痢が・・・。(^_^;)

8日に釣りに行きましたが、その前に6、7日は次女がひどい下痢でダウン。その更に前には三女が発熱してました。
結局、ほぼ全員が食べれるようになったのは12日の夜。
やっぱクエハタの呪いやったんやろか・・・。(^_^;)
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。